Wir benutzen Cookies um unsere Webseite optimal zu gestalten und fortlaufend zu verbessern. Durch die weitere Nutzung der Webseite stimmen Sie der Nutzung von Cookies zu.

視力回復のために、視力トレーニングや侵襲的でない脳刺激などの、様々な方法を取り入れています。当センターでの治療が貴方に適しているか、次のリストでチェックしていただけます。

完全に失明しているとされる方は多くの場合、いわゆる余視力を保有しています。余視力を保有しているかどうかは、御自身によって一番よく判断していただけます。視野がごく狭くても、またぼやけたり、明るいか暗いかの判断しか出来なくても、主観的に何かまだ視える、と感じる場合に、余視力はあると言えます。眼科での視力検査は構造上、余視力を診察するのでなく、視力の欠損を確かめる為に作られています。ですから、眼科での視野検査で全てが真っ黒でも、余視力を保有していることはあり得るのです。

次の必要基準がひとつでも当てはまる場合、ザヴィアでの治療は効果があると言えます。

  • 皮質盲
  • 黄斑変性症
  • 視覚障害(視野の問題が確認されない場合にも)
  • 緑内障
  • 視神経の損傷(原因に関わらず)
  • 糖尿病網膜症
  • 脳梗塞
  • 外傷性脳損傷
  • 弱視

注:当センターでは、基本的に早くても視力低下が始まった時点から3ヶ月後に治療を開始します。視力低下から経過した時間について制限はありません。損傷から既に何年かが過ぎていても、治療の効果は減りません。

交流刺激療法の除外基準

次の基準に一つでも該当する場合、交流刺激療法を受けることは出来ません。

  • 電気的、電子工学的インプラント(ペースメーカー、除細動器等。稀に許   容し得る場合があります。前もって我々や主治医に訊いてください)
  • 頭部に金属のある場合 注:デンタルインプラントや、小さなチタンスクリューは問題ありません。
  • 過去3年間にてんかん発作があった場合
  • 取り除かれていない腫瘍
  • 薬物乱用
  • 精神病 統合失調症等
  • 治療されていない高血圧(160以上)、または160前後の不安定な高 血圧
  • 治療されていない糖尿病
  • 27mmHg以上の眼圧
  • 両眼の完全な失明