Wir benutzen Cookies um unsere Webseite optimal zu gestalten und fortlaufend zu verbessern. Durch die weitere Nutzung der Webseite stimmen Sie der Nutzung von Cookies zu.
ザヴィアセンターでは、視神経の罹病や脳の外傷、卒中発作を原因とする視力障害に悩む患者様を対象に、その方の状態を全体的に考慮したアプローチを提供しています。治療の目的は、患者様の年齢や病歴、損傷の度合いに関わらず、いま現在残っている視力を最善の方法で利用、回復させることです。目や脳によって無視されている、または強く抑圧されてしまっている視力を強化します。我々のモットーは、「失ったものに集中するのではなく、何が未だ残っているかを見分け、それを強化せよ」です。のこっている視力の活性化を目的とした、このザヴィア交番電流刺激が、当センターでの治療法の中核を成しています。
当センターの患者様は、医学的治療を受けるだけでなく、御自身の病状を理解し、受け入れることを学びます。というのは、視力障害は、単なる視力低下以上のことを意味するからです。視力障害によって、自立性や、職業上、私生活に於いての人間関係を失うのではないか、という不安が引き起こされることもあります。患者様やその御家族は、孤立してその問題に悩むべきではないのです。ですから、ザヴィアセンターの治療では、視力の低下によって引き起こされる様々な問題に、医学的、また心理学的見地から取り組みます。この点が、世界でも類を見ないポイントだと自負しているところです。