Wir benutzen Cookies um unsere Webseite optimal zu gestalten und fortlaufend zu verbessern. Durch die weitere Nutzung der Webseite stimmen Sie der Nutzung von Cookies zu. Weitere Informationen
ザヴィアセンターでの2週間に渡る外来治療は、次のように構成されています。

一次検査

3時間程度かかります。

  • 神経学的病歴
  • 視力テスト
  • 視野検査
  • コントラストテスト
  • 高解像視野検査 (HRP)
  • (必要な場合のみ)微小衝動性眼球運動検査

交流刺激治療

治療は週末を挟み、10日間(2×5診療日)に渡って行われます。交番電流による刺激は、余視力を活性化するための、侵襲的でない治療法です。視力障害の罹病のさまざまな場合に効果があります。
卒中発作、脳の外傷、視神経や網膜の病気、例えば視神経の損傷、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、弱視、その他、原因不明の病気を原因とする視力障害に効果的に作用します。
治療は、おおよそ次の様に執り行われます。電極を、眼の上と手首に取り付けます。治療は30分から45分、横になった状態で受けていただきます。この間に、極微量、1mAよりも少ない、つまりペースメーカーよりも弱い交番電流刺激を与えます。痛みは全く伴いませんが、肌のかゆみ、眠気など、少しの副作用を引き起こす場合があります。

治療方針のカウンセリング

一次検査後、治療方針のカウンセリングを行います。

  • ザヴィアのエキスパートによる、テラピーの詳細説明
  • 個々人のコンディションの関係してくる、視力低下によってひきおこされる状態についての話し合い
  • 御自身の疾患について、そしてその疾患をどう対処していくか質問できる 時間を十分にとっていただけます。

最終検査

一次検査での工程を、もう一度くり返します。ここで、この時点での視力の回復具合を判断します。検査結果は、一次検査と最終検査で明らかになった患者様の視野、視界に基づいて、詳細に説明されます。
例外を除く多くの場合、治療後の数週間、数カ月に渡って、さらなる視力の回復が期待されます。

総合的事項に関するカウンセリング

視る能力というものは、眼の中の感知処理だけの問題ではなく、脳機能、つまり脳がどのように余視力を処理できるかということも大きく関係してきます。ですから、余視力を最適な方法で促進する為に、全体的な観測の中での様々なテーマについての話し合いを行います。
初診、最終診察の際には勿論、個人的に取り決めたカウンセリングの時間にも、患者様の視力の為に他にどんな事柄が重要か、ザヴィアセンターでの治療が終了してから後にも余視力を最適に活性化させる為に、患者様に何が出来るか、等について助言をさせていただきます。具体的なテーマとして、日常生活に於ける視力障害との付き合い方、視力トレーニングの家での練習方法、眼の運動の練習、ストレスや心理的負担、簡単な運動やスポーツ、リラックスの方法、栄養や必要に応じたサプリメント、等が含まれます。

治療報告書

治療終了後、全ての診断情報とテラピーの結果についての説明、注意点、助言を詳細に、また解りやすくまとめた報告書(英語、ドイツ語)を作成いたします。

治療についてのビデオ

画面右下の歯車マークを押すと、様々な言語の字幕を選ぶことが出来ます。